Site search

最近の投稿

Site search

2015年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Categories

Tags

なぜおまとめローンは総量規制が適用されないの?

総量規制というのは、借入総額が年収の3分の1までに制限されるという貸金業法で定められているルールの事です。消費者金融や信販会社のカードローンでの借入れには除外や例外もありますが原則としてこのルールが適用されます。しかし、消費者金融にはカードローンの他にもローン商品があって、例えばおまとめローンは年収の3分の1を超える借入れも可能です、と書かれています。なぜまとめローンは総量規制にひっかからないのでしょうか。
総量規制には除外や例外がある、ということに言及しましたが、このおまとめローンというのはまさに総量規制の例外貸付けに相当するのです。顧客に一方的に有利となる借換え、そして段階的に債務を減らしていくための借換えは改正貸金業法で例外貸付けとして認められています。大手消費者金融が提供するおまとめローンはこの、段階的に債務を減らしていくための借換えに基づいて提供されているのです。
総量規制が定められている貸金業法の改正はそもそも、多重債務者の救済のためにいろいろと定められているものです。おまとめローンの利用により利息負担が少なくなり返済が楽になる事は、多重債務者救済の考えに則しているため例外の貸付けとしても認められているというわけですね。
とはいえどのケースでも例外が認められるわけではありません。借換えの対象となる債務は貸金業者からの借入れ債務全般であり、銀行や親族・知人などからの借入れ債務は対象とはなりません。また金利は借換え後の金利が借換え前の金利を上回らないようにすること、複数の債務をまとめる場合には借換え後の金利は借換え前の金利を各債務の元本で加重平均した金利を上回らない事、そして返済については約定に基づく返済によって段階的に残高を減らしていくことを要件とすること、そしてそれ以外にも、一ヶ月の負担額が借換え後に上回らない事、担保・保証に係る要件が借換え後に厳しくなってしまわないことなどが条件として掲げられています。
消費者金融のおまとめローンは銀行のおまとめローンや銀行カードローンと比べてしまいますと金利が高い点は否めませんが、今までよりは金利が低くまとめられること、そして一ヶ月の負担額が減る事は以上の条件によってとりあえず確実となります。銀行ローンで審査が厳しい、というようでしたら、こちらのおまとめローンを検討してみてはいかがでしょうか。

消費者金融の大手といえば

消費者金融でお金を借り入れるにあたり、事前の調査はとても大切です。借り入れ先がどんなサービスを提供していて、自分にとってどんなメリットがあるのか、確実な返済を続けられるような支払い方法があるかなどをしっかりと理解しておくことで、安心して借り入れをすることができます。
しかし、たくさんの消費者金融がそれぞれのメリットを打ち出しているので、どの消費者金融を選べば良いのか分からないという方もいることでしょう。その場合、まずは大手消費者金融から調べてみるというのもひとつの方法です。すでに多くの顧客が利用しているという事実は、安心材料になるかもしれません。
平成25年3月決算の売り上げランキングによる上位5社は、アコム、SMBCコンシューマーファイナンス(旧社名はプロミス)、アイフル、アプラスフィナンシャル、Jトラストです。テレビコマーシャルで毎日のように目にする会社が上位に名を連ねています。
ランキングで上位には入っていないものの、ネット上で多くの利用者の支持を得ている会社には、モビット、レイク、楽天銀行スーパーローンなどがあります。
勤め先に連絡がいかない、主婦でも借り入れ可能、必要書類が少なく手続きが簡単など、それぞれにメリットがあるので、その中から一番自分に合ったものを選ぶことができます。
また、キャンペーンを活用するのも賢い方法かもしれません。期間限定で無利息キャンペーンをしている大手は少なくありません。自分が借り入れをしたいと思った時期にちょうど無利息キャッシング メリットキャンペーンをしていたら、その会社の情報を優先して調べてみるのも良いでしょう。

プロミス・スマートフォン専用のサービス

プロミスが用意する「プロミス・スマートフォンサービス」は、手持ちのスマートフォンを使っでプロミスの申し込みや相談、ネットだけの会員サービスを便利に利用する事が出来ます。ここでは「プロミス・スマートフォンサービス」の仕組みと「プロミス・スマートフォンアプリ」の内容についで簡単にご説明したいと思います。
プロミスのスマートフォンサービスは、スマートフォンから直接アクセス出来るものと、無料の「プロミスアプリ」をダウンロードしでうものの2種類が用意されでます。スマートフォンアプリは、AndroidとiPhoneに対応しでり、新規申し込みや書類の送付、返済シュミレーションなどを瞬時に行う事が出来る優れものです。
また、プロミスのアプリは、名刺や免許証を撮影するだけで、申し込みに必要な(個人情報などの)項目を自動入力する事が出来ます。入力の手間が省け、自動張り付けで、そのまま「カードローン審査」に提出する事が可能となっでます。
本人確認書類や収入証明書もスマホのカメラ機能を使っでアプリから提出可能です。スキャナやコピーを取らなくで、そのまま申請書類一式を管理・送信する事が出来るのです。これなら、無人契約機や有人店舗に向かわずとも、スピーディーに審査を受ける事が出来ますね。
もちろん、プロミス公式サイトから利用出来る「プロミス・スマートフォンサービス」からも、新規申し込みを行う事が可能です。その他には、オンライン上で振込を行う「瞬フリ」や各種変更手続き、利息、取引の明細照会など、すべでサービスを「スマートフォンサービス」で受ける事が出来ます。

お金が必要になる理由は人それぞれ

借金といえばマイナスなイメージがあります。
そのため誰かに自分に借金があることを公言できる方はそう多くはないでしょう。
大半の方が自分の借金を誰に伝えることもなくひっそりと返済しているものです。
お金が必要になるその理由は人によって違います。
どんな理由があるのでしょうか。
借金はお金を借りることにあります。
キャッシング業者などからお金を借りる、いわゆる直接的な現金を借りることばかりが借金ではありません。
現金を手にすることなく利用ができるローンもまた債務であり借金になります。
住宅ローンはもとより、分割で支払うクレジットカード決済、また携帯電話の機種代金の支払いも今では分割が一般的な方法となっています。
そう考えてみると私たちの生活は債務によって支えられていることが多くあるように感じられるものです。
しかしそうではなく直接的に現金を借り入れたい、それが借金であるというイメージは高くそれこそがマイナスイメージにつながっています。
お金が必要になる理由はさまざまありますが、誰しもが毎日を安定して生活できているわけではありません。
給料日前には節約を強いられることもありますし、これからの将来のために貯蓄に励んでいる方もいるでしょう。
積み立てている定期預金を崩さずに今のピンチを乗り切りたい、それもまたよくあることです。
私たちの生活には必ずお金が必要になります。
ピンチに陥ったとき、どんな借り入れ先がありどんな選択をすればいいのでしょうか。